MENU

家族にバレにくいカードローンは?

キャッシングするカードローンによって家族にバレにくい、バレやすいということは残念ながらありません。

 

しかし、家族にバレないように借りることは可能です。

 

家族にバレる一番の理由はカードローン会社からの郵便物なのです。

 

なので、郵便物を送らせない借入を学びましょう!

 

絶対に滞納しない

滞納すると督促状が届きますから

 

振込しない

振込でお金を借りるのではなく、無人機や店頭でお金を借りましょう。
審査はweb上で大丈夫ですが、
借り方は気を付けないといけません。

 

 

自宅に電話がかかってくる?

 

書けてくる業者はほとんどいませんし、
情報に不備があった場合は、担当者の個人名でかけてくれますので、
電話でバレる心配はありません。

 

カードローンの使い方

カードローンはコンビニ等でキャッシングする方法でお金を借りる借金です。コンビニのATMでは銀行預金の出金もできますので、お金を借りるという意識が希薄になることが多くなりがちです。しかし、キャッシングで得た資金は自分のお金ではないので、いつかは返済しなければいけないという事を覚えておくべきでしょう。
カードローンはこのように借りやすいことが特徴ですが、同時に返しやすいことも特徴です。信販会社等によって差はありますが、随時弁済もキャッシングしたコンビニのATMでできることが多いです。そして、カードローンをうまく使いこなせるか否かは、この随時弁済をしっかりできるかどうかにかかっています。
カードローンの利率は、ショッピングローンやクレジットカードのリボ払いに比べると低いのですが、借り続けていると利息が膨らみます。毎月の返済額があるため、借入残高が減っていると思い込んでいる人も多いようですが、実際には利息に充当されているため、元本は減っていないのです。そのため、借りた資金は随時弁済で返済する必要があることを覚えておかなければいけません。
カードローンは、返済ができなくなると督促がかなり激しいです。闇金のようなことはありませんが、勤務先に督促の電話が頻繁にありますし、自宅などにも信販会社の回収担当者が来ることになります。督促状が届くようになると、個人信用情報機関というところにその情報が登録されています。俗に言うブラックリストに載ったという状態です。
このような事態になると、自己破産への道を歩んでいくことが多くなります。そのようなことにならないように、借りたお金はできるだけ早期に完済することが必要なのです。

カードローンの悩ましい選択

カードローンの選択をする際、多くの人は2つの要因のどちらを優先するか迷うことが多いようです。一つは利便性であり、もう一つは利率です。利便性の高いカードローンの代表として銀行のカードローンがあります。一昔前の銀行カードローンは使い勝手の悪いものでしたが、最近では全国の銀行のATMだけではなく、コンビニのATMで利用も返済もできます。銀行によっては利用手数料が無料という場合もあります。
しかし、銀行カードローンは審査が厳しいという側面もありますし、最近はやりの無利息キャンペーンもありません。審査の柔軟性や利息のキャンペーンを優先するのであれば、信販会社が有利です。利用できるATMの範囲は銀行にかないませんし、手数料が必要であることも多いです。しかし、最初の借入の際に1か月程度の無利息期間が設定されているので使い方によってはすごく有利な借り入れが可能です。
どちらを優先するかは、利用者のニーズによります。例えばカードローンを頻繁に使って、返済もすぐにするというヘビーユーザーであれば銀行カードローンの方がいいでしょう。これに対し、現金決済の店で割安に買い物をするため一時的にお金を借りるというのであれば、信販会社の無利息キャンペーンを利用した方がいいでしょう。
どちらの方法であっても、できるだけ早く返済した方がいいので、借りやすく返しやすい方が結局有利です。無利息キャンペーンがある信販会社であっても最初の1回だけが無利息であり、2回目以降はその特典がないことが普通です。そのため、できれば銀行のカードローンを申し込んで、審査結果に納得がいかなかったら柔軟な審査をしてくれる信販会社の申込をするという方法がお勧めです。